読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性欲と性差について

社会学、心理学、象徴学における性は置いておいて、

生物的な性欲と性差について知り得ていることを書く。

男性は性感が弱く、性欲が強い。

女性は性感が強く、性欲が弱い。


女性の性感の脳波レベルは、男性に同じ事が起きた場合は、ショック死もしくは気絶するという説がある。

つまり、女性は男性よりも、痛覚と同様、性感にも強く耐えられるようにできている。

男性の性感はオルガズムまでの精神的高揚の短時間にしか見られず、女性は疲労を伴う程に刺激と快楽が直結している。


余談だが、女性が一番気持ち良い動作をしているときは、男性はあまり気持ち良くないこと、男性が一番気持ち良い動作(刺激)は女性は一番気持ち良い訳ではないことは、知っておいても良いかもしれない。


当然、男性と女性でセックスへのモチベーションは違う。勿論、精神的な繋がりを求めることは一般に共通して言えることだが、

基本的に、女性は強い快感を求める性欲であるのに対し、男性の性欲は性衝動そのものを強く求めることにある(男性に性犯罪が、女性にセックス依存が生じやすい負因)。

男性の性衝動の強さは女性の性欲(性衝動)の強さの比ではない程、強いとする研究もある。

まとめれば、男性は女性の性感レベルの強さの快感を経験することはなく、女性は男性の性欲レベルの性衝動の強さを経験することはない。


自分の目から見ると、女性の性感は少なくとも腰の臍あたりまでは来ているように見える。オルガズムに達すると全身から脳天にかけてまで性感が広がっている。

普通、男性の性感はせいぜいオルガズムの一瞬で、余程の手順(心理的に女性化する、催眠をかける、肉体的に精神的に相当焦らす等)を踏まないと、女性の性感のレベルに近付くことすらない。


従って、男性には性衝動を高める刺激を与えたり、性衝動に向くように精神に揺さぶりを与えることが、男性に対して女性ができる最も効果的なこととなる。

対照的に、女性には安心して感じられる気配りを与えることや、快楽が高まる雰囲気作りをすることが、女性に対して男性ができる最も効果的なこととなる。


余談だが、男性が性に対しての罪悪感を抱くのは性欲(性衝動)に対してのことが多く、女性が性に対しての罪悪感を抱くのは快楽(快感的堕落)に対してのことが多い。


同じ性交(セックス)に感して、男女でここまで、精神的、身体的に異なってくる。

視点は様々である。


もう自分はそういうことはいいやと思う。