子どもからの観察について

子どもとの臨床経験から考えていることを書く。子どもは大人に通じるところがあるので、対大人に関しても何らかの参考になることがあるかもしれないと思う。

 

1.教育について。矯正と関係性。

教え、育てることには二つのアプローチがある。

一つは『矯正』の考え方で、教育する側に負荷を少なく、本人に高い負荷をかけて、本人の自尊心を削ってでも知識や技能を最短で身に付けさせることを目的とするアプローチ。もう一つは『関係性』の考え方で、教育者に高い負荷はかかるが、配慮をもって本人の負荷を低く調整しながら、自己肯定感を高めつつ人間関係力を身に付けていくことを目的とするアプローチがある。

矯正という考えならば、本質的には今までの在り方を否定するという点で、本人にとってはある種の自己否定を強いることとなる。教える側にとって自尊心は低い方が都合が良いので、自尊心を低くする言葉やプレッシャーを掛けたり、できないことをあえてやらせることが『教育的指導』とされているように(自分には)見える。併せて、ヒエラレルキー(上下関係)を本人に自覚させる言動が教育者に無自覚のうちに増える傾向がある。

関係性という考え方は、本質的には人間存在そのものへの信頼があり、適切な受容的な環境を設定できれば、本人が必要な技能を創造的に身に付けていくことができるとされる。すべては経験であり、良好な人間関係を設定し成功体験を積み重ねることで、自己肯定感を高めながら社会的技能を身に付けることができる。本人が自己効力感を持ちながら新しいことに挑戦することができる。

自分の経験から言えば、技能の獲得の最短距離は、最も難しい課題への取り組みを半年や一年間、自己破壊気味に継続すること。あるときに脳が繋がったかのように技能が開発されることはある(通常のやり方と異なる方法論になることが多い)。ただ、(自分のように)自尊心は歪み、抑うつや二次障害を併発するリスクに曝すことを考えると、高い負荷の矯正のアプローチでは、より観察力と配慮が必要となるように思える。しかしそういった人ほど教育者側に観察力や共感性がなくなり、監視と監督が主な関心事となっていく点は見過ごせない。

結果的に、観察力が付き共感的にアプローチするようになってくると、本人に調子があり、体調やライフイベントによって、高まっている関心事も本人のキャパシティも異なることに関心事が移行する。もし成功体験を積ませたいのならば、全体的な負荷を考えて、調子が良いのか悪いのかを観察して、バランスを見ながら達成可能な課題を設定しなければならない。

本人にとって難しい課題も、課題を要素に分解して、(一見すると関係がないように見えるが)関連する基(もとい)となるところを鍛えることで、難しい課題がいつの間にか難しくなくなっていることがある。時間はかかるが、経験によって脳が開発され、熟練することを考えれば、苦手だから敬遠して取り組めなくなるよりもずっと良いアプローチに思える。

 

2.パターンと環境調整

技能の習得で負荷をかける場合でも、熟練した人が注目点を教えてあげることと、見通しとパターンを学習させていくのが効率が良い。身に付けたパターンを派生させることで、新たな可能性や応用力を身に付けていく。パターンが固定観念になりそうな時は、本人にとってそもそも違うように思えることを、類似のパターンで辿らせることが有用。

環境調整について。本人が持っている能力以上のものを引き出すには、余計な刺激を目や耳に入れない(隠す)ことと、言語・非言語的なプライミングを活用して誘導したい行動を引き出してあげるという考え方もある。上手くいっていても、まるで暗示誘導を入れることと近い負荷はかかるので、本人が辛くならない程度に自由を配慮した方が良い。

余談だが、他に裏技的なものとしては、驚かせたり難しい言葉を入れた後の間接的な指示には従ってしまうという技法もある。大人でも相手を怯ませたり少しびっくりするようなことを口にする人は処世術として身に付けている場合がある。

また、嫌悪感を本人の不適切行動に付随させることも行動の抑制には実際はかなり効果を発揮する。恐怖心とタイムリミットの併せ技も強力に作用するが、自分は他の方法があればそちらを採用すべきように思う。

 

3.共感と共同注意

共感の基となるのは、他者と共同で同じものに注意を向けるということ(共同注意)。本人の視線の先にあるもの(注意を向けているもの)にコメントすることが相手にとって最も負荷が少ない。心を閉ざしている人も、良いものに共同で注目することを繰り返すと、他者への期待感が持てるようになる。相互の共同注意から、共感の経験を入り口にして行動を枝分かれさせて社会性の幅を広げていく。

感覚的な話となるが、体感的に共感する基本は、協調(調子合わせ)と言葉選び(含む非言語)となる。否定的なことを言いたくなった時は、相手と同じ動作をしてみると良い。相手が受け入れられることは、相手の気分と調子で限られている。慣れてくると一秒で調子を合わせて本人が応じやすい指示が出せるようになる。

 

4.盛り上げるか真ん中を外さないか

接し方の柱としては、主に二つある。一つは、盛り上げる手法と、もう一つは人間性を通して真ん中(本質的なこと)を外さずに接する手法がある。

盛り上げる方法は、相手に負荷がないところから共感的に入り、下から楽しい気持ちで持ち上げる感覚で接する。 自分の感覚では、協調(ペーシング)ができていると、どこなら持ち上げることができて、できないかが文字通り重力のように体感される。相手を肯定したり褒めたり、楽しそうに誘うことで気持ちを切り替え、成功体験に繋げていけることはよくある。

褒められたいポイントやタイミングは人によって違う。基本は『できた』に共感する形で褒めることと、本人が工夫した点を具体的に褒めること。フィードバックとして明確に言葉にすることで蓄積されて残ることもある。

真ん中を外さずに接する方法は、本人が無意識に相手の反応を(主にネガティブに)誘導操作してしまったり、混乱していたりする難しいタイプの人に対して使う。感覚としては、感情を感じないのではなく感じているけれども自分の精神力で動かされないようにして、真ん中の本質的なところを外さずに反応を返す。この感覚が成功していると、本人が自傷行為やパニックに陥りそうな人ほど、すっと冷静になって指示に応じてくれる。ただ、こちらは尋常でなく精神力を使い疲れる。無感情でない利点は、相手が良い方向にずれたときにしっかりと感情を動かせる点にある。

 

5.直感力と観察力

最後に、直感的な観察力の磨き方。遠目から何も考えずに相手全体を見て浮かぶこと。また、その日、本人を初めて見た7秒間に浮かんだことはだいたい正しいことが多い。あとは本人の反応のパターンを映像として記憶に留めておくことでシミュレーションの精度は上がる。他には、緊張と弛緩を読み解くこと。自己刺激(身動ぎ含む)の前には緊張を感じていたことなどを抽象的なイメージとして掴んでいくと、なにが原因となっているかなどの観察眼がついていく。観察しながら、パターンとなっていることの一部を替えていくように働きかける。

 

子どもに懐かれる理由は、相手の辛いところと不満を分かってしまうことが多いからかもしれない。好かれるのは一見良いことに見えるけれども、その実、他の人がいかに分かってあげられていないかという現実を反映しているに過ぎない。好かれるのは良いことではないと思う。

本人が良好な人間関係のなかで、豊かな経験へと開かれることを願っている。それは今も昔も思い続けていること。

自分も、新しい経験を引き受けて、頑張っていきたいと思う。